takuyakamei weblog

photograph & drawing

ニホンアナグマの巣穴を探して感じた3つのこと

2016年の春、ニホンアナグマの巣穴を探しに里山へと出かけてみました。アナグマについては動物園で観察したり、園内の担当飼育員さんへ聞き込みを行ったりなど簡単な予習をしたわけなのですが、本来彼らが暮らすフィールドに関してはまったく手がかり無しの状態でした。

そもそもニホンアナグマとはどのような動物なのか】
日本の本州、四国、九州地域の里山に棲息しているイタチ科の動物。タヌキやハクビシンとよく間違われることが多いようですが、正確な分類は、食肉目イタチ科アナグマ属となります。

f:id:takuyakamei:20170627001644p:plain

なにより単純に見た目が可愛い。それに夜行性で普段は人目に触れることが少なく、地中に穴を掘り住居にしているところもなんだか興味をそそります。

まずは彼らのおうちである巣穴を探してみようか。そんなふうに思い立ち、それっぽさを感じる里山に向かったわけです。

f:id:takuyakamei:20170627001726j:plain

水分補給の準備とそれなりの山歩きができる装備があれば充分でしょう。入山位置を把握して、そこからおよその探索エリアを決めておきます。様々なスタイルがあって良いと思うのですが、広いエリアを縦断するような探し方よりも、当日の限られた時間の中で探索できる範囲に絞って、そこを確実に押さえていく方が結果的に効率が良いかと考えます。

【ニホンアナグマの巣穴を探して感じた3つのこと】
その① 闇雲に探さずにまずは地面の掘り返し跡を見つける
アナグマは餌を探す際、その丈夫な爪と鼻で土を掘り返します。ミミズや昆虫等の幼虫が大好物なのです。まったく手掛かりがなく、0から始める場合にはまずはこの方法が良いかもしれません。人が通る林道脇なんかにも地面が掘り返された跡が目立つ場合があるので、見逃せません。本格的な斜面探索や藪こぎは、それらが見つかった地点から始めても遅くはないのです。

その② 基本的に巣穴は南東向きの斜面に作るといわれているが、例外も沢山ある
資料を開ければ必ずのように南東の斜面に巣穴を作ると書いてあります。たしかにそういった事例が一般的なのかもしれませんが、だからといって南東以外の方角を切り捨ててしまうのは勿体ないものです。特にそれが低山ともいえないような丘陵地帯に近いエリアの場合はなおさらのようです。私が調査を行っている里山のエリアでは約30個の巣穴のうち半数以上は北向きなのです。実際に発見した巣穴の写真を載せておきます。

f:id:takuyakamei:20170627001830j:plain

その③ 発見時の感動はなかなかのものであり、その探索からまだまだ解明されていないアナグマの「未知」を感じる
自分自身で予測を立て、巣穴の在りかを想像しながら探索した結果が見事報われたとき、おそらく想像以上の喜びを感じるに違いありません。たかが動物の巣穴でそこまで、と思う方もいるかもしれませんが、もう本当に巣穴自体も可愛らしく思えてくるほどです。

そして、見つけた巣穴の周りには、高い確率で別の巣穴が見つかることが多いのです。その群巣は、地中で繋がっている場合もあり、それらは「セット」と呼ばれアナグマたちの大規模な住処となっているようです。

また、なにより面白いのは、地中へと続くその巣穴の構造やそこでのアナグマの暮らしぶりは、現在ほとんど解明されていない状態なのです。そんなニホンアナグマの未解明な部分を感じることで、きっとよりいっそう彼らに心惹かれ、内側からわらわらと興味が湧いてきてしまうでしょう。今後も丁寧に調査を継続し彼らの不思議な暮らしぶりを記事や撮影作品として形にしてみたいと思います。

それから最後にもうひとつ。広がる大規模な開発や道路網の発達による生息域の分断、交通事故などによるロードキル等の影響から、彼らの生息数は減少傾向にあります。そこには取り巻く様々な背景や問題があるかとは思うのですが、不要な場荒れや捕獲(猟対象も含め)を防ぐためにも、生息地の詳細を安易に拡散する行為などは控える配慮が必要不可欠かと思われます。